ニュース
» 2016年06月07日 14時30分 UPDATE

つくば市が「一家に1枚」ポスター「水素」を配布 水素発見から250年を機会に市内の研究機関が制作

4月の科学技術週間に際して文部科学省に採用されたもの。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 つくば市が市内の研究機関、高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所が企画・制作した、“一家に1枚”ポスター「水素」を配布しています。配布は4月18日から市役所で始まり、6月6日からは中央図書館やつくばイノベーション・プラザなどが配布場所に加わりました。


水素 水素の性質や、それを利用したエネルギー生産まで、分かりやすく図解

つくば市公式 つくば市からの公式発表

 「一家に1枚」シリーズは、国民が科学知識に親しめるようにと、文部科学省が配布しているポスター。2005年より、毎年4月の科学技術週間に合わせて製作されており、今年は高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所の企画が採用。イギリスのヘンリー・キャベンディッシュが水素を発見してから250年の節目を機会に、水素や水素社会に関心を持ってもらいたいとの思いから制作されたそうです。

 ポスターは文部科学省のサイトから、PDF形式で無償配布されています。「水素」以外にも、「元素周期表」や「天体望遠鏡400年」など、過去の作品もすべて閲覧できます。


配布サイト

拡大 文部科学省の配布サイト。画像をクリックするとポスターがポップアップ。マウスオーバーでルーペのように拡大表示できます

元素周期表 シリーズ初の作品は「元素周期表」。各元素が何に使われているかまで記されている

天体望遠鏡 天体望遠鏡の歴史や構造を解説する「天体望遠鏡400年」。ガリレオ・ガリレイが天体観測を行ってから400年目を迎えた、2009年に制作


(沓澤真二)


関連キーワード

天文 | 科学 | 水素 | 文部科学省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう