ニュース
» 2016年06月07日 15時10分 UPDATE

楽天銀行がリモート操作ソフトの乗っ取りによる不正ログインに注意喚起

リモート操作ソフトが稼働しているPCで楽天銀行へログインしないよう、呼びかけています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 楽天銀行が、リモート操作ソフトを使用している顧客が、口座に不正ログインされた事案を確認。リモート操作ソフトが稼働中のPCで口座にログインしないよう、注意しています


公式発表 楽天銀行からのお知らせ

 リモート操作ソフトは、PCを外部の端末から操作できるもの。同社は例として、「TeamViewer」や「LogMeIn」などを挙げています。確かに便利ですが、ソフトへのログインパスワードが流出した場合、第三者に自分のPCを悪用される危険もはらんでいます。

 TeamViewerは最近乗っ取り被害が多発し、開発元がセキュリティ強化対策を施したばかり(関連記事)。とはいえPCを守るにはパスワードの管理を徹底するなど、まず自衛が重要です。


TeamViewer TeamViewerの公式発表

 楽天銀行では口座のパスワードや暗証番号についても、他のサイトと同じものを使い回さず、自身で管理し定期的に変更するよう呼びかけています。


(沓澤真二)


関連キーワード

楽天銀行 | ソフトウェア | 乗っ取り


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう