ニュース
» 2016年06月07日 16時33分 UPDATE

「日本の皆さん、こんにちは」 イギリス外務省に務める猫が日本語学習を開始

野良猫時代から怒涛の大出世。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 イギリスの外務および英連邦省に就職したことで話題を呼んだ猫のパーマストンさんが、自身のTwitter上で「日本の皆さん、こんにちは。どこかにネズミはいないかにゃ?」と突如流ちょうな日本語のツイートをして注目を集めています。

ネズミ捕獲長としてイギリス外務省に務める猫が日本語学習を開始 日本語の勉強を始めたというパーマストン ネズミ捕獲長(本猫のTwitterより


 野良猫だったところを動物保護団体に保護され、外務および英連邦省の「ネズミ捕獲長」へと抜てきされたパーマストンさん(関連記事)。現在は他の職員と同じように外国語の習得に励んでおり、その際に選んだ言語が日本語だったということのようです。ツイートで投稿された写真には、日本語の参考書や舞妓さんの写真が写り込んでおり、日本文化を理解しようとする努力の姿勢が見て取れます。



 なお、パーマストンさんは6月7日現在21ツイートしかしていないにもかかわらず、フォロワー数は既に1万6000人を超える大人気。フォロワー数を追い抜かれてしまった同僚のダドリッジ政務次官は5月24日に「今朝はパーマストンにフォロワー数を抜かれたかと思って、信用の危機だった。まだ抜かれてなくて助かったが、外務・英連邦省の記者会見後にはきっと抜かれてる!」と切迫したツイートを投稿。直後、パーマストンさんより、「ごめんにゃさい、政務次官」というあおり気味な返信が、フォロワー数を追い越した証拠のキャプチャー画像と共に送られていました。パーマストンさん、既に大物の風格です……。



 同じくフォロワー数を抜かれてしまったマクドナルド事務次官は5月28日に、「うちの猫に2日間で抜かれてしまった。ダドリッジ政務次官は6週間で抜かれた。次は3万6800フォロワーのハモンド外務大臣の番だね」とツイート。同ツイート時点でハモンド外務大臣とパーマストン ネズミ捕獲長のフォロワー数差は約2万6000でしたが、現在差は約2万1300まで着実に狭まってきています。パーマストンさんのとどまるところを知らない下克上にさらなる注目が集まります。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう