ニュース
» 2016年06月08日 08時00分 UPDATE

こいつら何やっても微動だにしねぇ! カワセミが1つのエサを取りあって完全に拮抗し、全く動けなくなる

絶対に負けられないカワセミがココにいる。

[Kikka,ねとらぼ]

 2匹のカワセミが1つのエサをくちばしで挟みあったまま、動かない動画が面白いと話題です。

 オーストラリアのJigMagicさんがYouTubeに投稿したのは、絶対にエサを譲り合うことのない2匹のカワセミと、何とか仲裁に入ろうとする人間の攻防です。


カワセミ 1つのエサをくちばしで挟みあう2匹のカワセミ

カワセミ 試しにエサを人間が手で持ってみるがびくともしない

 完全に拮抗状態となったカワセミさんたちは、カワセミの中ではオーストラリア最大種のワライカワセミという種類です。

 「ワハハハッ!」と人間の笑い声のような鳴き声が特徴だそうで、動画の中でもJigMagicさんがエサを触ると、大きな鳴き声を上げています。

 あまりにも譲り合わない2匹のカワセミ。JigMagicさんは各カワセミになぜかティッシュをかぶせていきます。


カワセミ なぜかティッシュをかぶせられるカワセミ

カワセミ 右のカワセミもかぶせられるが

カワセミ お互い特に動くことはなく

カワセミ 撮影者はグーサイン(なぜ!?)

 状況を緩和させようとしたのか(?)、両カワセミにティッシュをかぶせていくJigMagicさんですが、カワセミの意思は固い。微動だにしません。

 ティッシュでは状況を変化させられなかったため、続いてJigMagicさんはカワセミの頭に貝殻を乗せるという謎の行動にでます。


カワセミ なぜか貝殻を被らされる右のカワセミ

カワセミ 左のカワセミは貝殻にぶち切れ!

カワセミ 羽を広げて、怒りの猛抗議

 右のカワセミは比較的おとなしいのか、貝殻をおとなしくかぶりました。しかし左のカワセミは貝殻にぶち切れ! 羽を広げながら鳴き声を上げて猛抗議するも、やはりエサだけは放しません。これにはJigMagicさんも思わず笑ってしまっています。


カワセミ 追加エサをブラーン

カワセミ 両カワセミのくちばし上に追加エサをおいていく

カワセミ 増量されるエサ

カワセミ エサ“マシマシ”1丁入りました!

カワセミ 結局2匹は30分以上動かなかった……

 いや、エサが1つだから奪い合いになるに違いない。ここで最終手段エサの増量にでます。カワセミ達に追加のエサを見せながら、お互いのくちばしの上にドンドンエサを追加していくJigMagicさん。ついには、くちばしの上がエサの生肉だらけになってしまいますが、結局この後30分以上も拮抗状態が続いたようです。

 なにが彼らをそうさせたのかは分かりませんが、カワセミ達にも“絶対に負けられない戦い”があったのですね。


(Kikka)

関連キーワード

オーストラリア | 動画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう