ニュース
» 2016年06月08日 10時20分 UPDATE

Android版Twitterがデザイン刷新 「スタイリッシュでいい」「めちゃめちゃ使いにくい!」と賛否両論

タイムラインから通知やDM画面にスワイプで切り替えられるなど、ユーザインターフェースがいくつか変更。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 6月8日Twitte社は、Android向けのTwitter公式アプリのデザインを更新しました。タイムラインからスワイプして通知やダイレクトメッセージ画面に切り替えられたり、どの画面からもツイート文を投稿できるようになったりと、ユーザインタフェースが変更されています。

Twitter Android版 新しくなったAndroid向けTwitter公式アプリのタイムラインの画面

 主な変更点は3つ。1つ目は、上部に4つのタブ「タイムライン」「ニュース」「通知」「ダイレクトメッセージ」があらわれ、画面を横にスワイプすることで4つを切り替えられるようになったこと。2つ目は、常に画面の右下に投稿用のボタンが浮かび、どの画面からもツイートが作成できるようになったこと。3つ目は、プロフィール、ハイライト、リスト、設定など並んだ「ナビゲーションメニュー」が登場したことです。ナビゲーションメニューは、画面上部のアイコンやスマホ本体のメニューボタンをタッチすると、左からスライド表示されます。

Twitter Android版 左から「タイムライン」「ニュース」「通知」「ダイレクトメッセージ」のタブが。スワイプすると切り替わる(写真は「ニュース」画面)

Twitter Android版 プロフィールなどをまとめた「ナビゲーションメニュー」が、左から画面に覆いかぶさるようにスライド表示される

 デザインを更新した理由は「よりAndroidで使いやすくするため」とTwitter社。最新版についてユーザーからは「スタイリッシュでいいとおもう」「やっと投稿がFABになった。捗る」と肯定する意見がある一方、「前のに戻してくれ!めちゃめちゃ使いにくい!」「はっきり言って今までで一番の改悪です」と利便性の低下を感じる声も上がっており、賛否両論があるようです。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう