ニュース
» 2016年06月08日 19時27分 UPDATE

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、複数のSNSアカウントに無断でアクセスされる

複数のアカウントで弱いパスワードを使用していたようです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏のSNSアカウントが乗っ取られるという事件が起こりました。6月7日にセキュリティソフト企業ESETが伝えたところによると、不正アクセスを受けたのはザッカーバーグ氏のTwitterとPinterestの2つ。乗っ取りを実行した集団“OurMine”はInstagramのアカウントにもアクセスしたと主張していますが、こちらはFacebook側が否定しているということです。



 ザッカーバーグ氏のSNSアカウントのパスワードは、2012年に起きた「LinkedInのパスワード流出」で発見されたようで、そのパスワードはシンプルな「dadada」と伝えられています。さらに、それをTwitterとPinterestでも同様に使用していたということです。これに関してESETは、利用されていないアカウントを残していたこと(Twitterアカウントは2012年以降放置されていた)と、複数のアカウントでセキュリティの弱いパスワードを使用していたことは問題だと述べています。



 なおFacebookのシステムやアカウントには不正アクセスはなかったと、運営元はメディアにコメントしています。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう