ニュース
» 2016年06月09日 01時03分 UPDATE

理研が発見した新元素、元素名案は「nihonium(ニホニウム)」

パブリックレビューを経て決定します。

[ねとらぼ]

 理化学研究所(理研)は6月8日、同研究所が発見した「113番元素」(関連記事)の元素名案を「nihonium(ニホニウム)」、元素記号案を「Nh」と提案したことを発表しました。同日から国際純正・応用化学連合(IUPAC)によるパブリックレビュー(意見公募)が行われます。

IUPAC IUPACのパブリックレビューのページ。113番元素のほか、115番(Moscovium:Mc)、117番(Tennessine:Ts)、118番(Oganesson:Og)もパブリックレビューに

 この元素は、理研仁科加速器研究センターの森田浩介グループディレクターを中心とする研究グループ(森田グループ)が発見したもの。2015年12月31日にIUPACにより認定されて、森田グループに命名権が与えられました。IUPAC内部での審査過程を通過し、このほどパブリックレビューとなりました。5カ月間のパブリックレビューを経て、IUPACが正式決定します。

元素周期表 元素周期表

 今回の発見で、元素周期表にアジアの国としては初めて、日本発の元素が加わることになります。森田さんは「応援してくださった日本の皆さんのことを思い、新元素を『ニホニウム』と命名いたしました」とコメントしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう