ニュース
» 2016年06月09日 11時06分 UPDATE

アップル、AppStoreの月額制課金を全カテゴリに開放 「Apple税」軽減も

これまで30%だったのが、2年目以降は15%に。

[ねとらぼ]

 アップルは6月9日、App Storeにおける月額制アプリの課金仕様を今後変更する予定であると発表しました


Apple

 これまで月額制課金は音楽配信やクラウドサービスなど一部のカテゴリでしか認められていませんでしたが、今後はカテゴリによる縛りを撤廃し、全カテゴリで月額制課金が使用可能になるとのこと。また通常、アプリ開発者はアップルに利益の30%(通称「Apple税」)を納めなければなりませんが、月額制アプリの場合2年目以降はこれを15%に引き下げるとしています。

 その他、月額制アプリでは価格設定をより細分化し、従来よりも細かな値付けが可能になること、販売地域によって価格を変えられるようになることなども発表に。また併せて、App Storeの検索性の改善や、アプリ承認までにかかっていた審査時間の短縮なども発表されています。


関連キーワード

Apple | アプリケーション | App Store


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう