ニュース
» 2016年06月09日 15時15分 UPDATE

馬も倒せる? デンキウナギは水面から飛び出して敵に攻撃することが判明

馬殺しの伝説が200年越しに証明。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 米国ヴァンダービルト大学の生物学教授であるケネス・カタニア氏が、デンキウナギは水面から飛び出して敵に効率よく電気を流して攻撃することを実験で明らかにしました

デンキウナギ ワニの模型を用いた実験のようす

 デンキウナギの発電器はアゴにあり、電池のプラス極の役割をしています。そのため、全身を水中に入れたまま電気を流すよりは、マイナス極の役割をする尻尾を水中に入れたまま攻撃相手に高く飛びついたほうが、より多くの電気を流すことができるのです。

デンキウナギ 頭を水面から出すことで効率よく攻撃

デンキウナギデンキウナギ 馬とデンキウナギが格闘するようすを記したアレクサンダー・フンボルト

 デンキウナギの発する電気エネルギーについては、1800年にアマゾンを探検したドイツの博物学者アレクサンダー・フンボルトが「2頭の馬がデンキウナギと格闘し始めて5分ほどで気絶し、溺れ死んだ」と証言していましたが、これを裏付けるような科学的な証拠はこれまで見つかっていませんでした。

デンキウナギ デンキウナギ水槽の前で話すカタニア教授

 カタニア教授も初めにフンボルトの話を読んだときにはとても信じられなかったそうですが、今回の実験を通じて、デンキウナギは状況が整っていれば、フンボルトが記述した以上の電気を発することが証明されたといいます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう