ニュース
» 2016年06月10日 18時38分 UPDATE

Twitterアカウント約3200万件がネット流出か 闇サイトで売買、該当アカウントは既に保護済み

Twitterから流出したものではないとのこと。

[ねとらぼ]

 Twitterのユーザーアカウント約3200万件分がハッカーの間で売買されている、との一部報道を受け、Twitter公式アカウント(@TwitterJP)は6月10日、“Twitterからの流出”という点について「調査の結果、そのようなことはありませんでした」と否定しました。

 発端となった海外メディアの報道では、取引きされていたのはTwitter利用者のID、パスワード、メールアドレスなど。流出の経路は不明で、報道ではマルウェアに感染したブラウザなどから流出したのでは、と推測。少なくともTwitter側からは漏えいや不正アクセスの形跡はなかったとのことです。


Twitterアカウント流出 流出について報じた「LeakedSource」の記事

 ただ、一部のアカウント情報が出回っている点については事実のようで、Twitter公式アカウントでは「サイトに掲載されている該当アカウントはTwitterで保護し、既に所有者の方々にリセットをお願いしています」とも報告。またサイトでは不正ログインを防ぐため、普段からより強固なパスワードを使用することや、また「1Password」などのパスワード生成・管理ツールの使用を推奨しています。



関連キーワード

Twitter | パスワード | 不正 | ネット流出


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう