ニュース
» 2016年06月11日 16時15分 UPDATE

光害の影響で「天の川」が見られないエリア広がる 人類の三分の一が該当

世界の80%以上の空が人工照明によって明るく。

[宮原れい,ねとらぼ]

 夜空に広がる光の帯「天の川」が、人工照明などの“光害”によって見えなくなっていると、イタリアとアメリカの研究チームが6月10日に発表しました。人類の三分の一がそれに該当し、アメリカでは80%、ヨーロッパでは60%の人が見られない環境にあるとのことです。

 論文の中では、衛星写真による「光害を示すマップ」も公開され、地域ごとのレベルも確認できるようになっています。



 発表によると、光害はシンガポールがもっとも広範囲で、イタリアや韓国などの国でも広い範囲で人工照明による明るい夜になってしまっているといいます。一方、カナダとオーストラリアは暗い夜を保持しているという結果も述べられています。

 アジアの衛星写真も公開されていますが、日本のエリアでも明るい夜を示す色が表示されています。



 アメリカ海洋大気庁(NOAA)の国立センターと研究者は、「天の川は私たちと宇宙との大きな関わりの一部」として、 光害によってそれが失われていることを危惧するコメントをしています。


光害 天の川 天の川(National Geographicによる報道記事より)

(宮原れい)


関連キーワード

照明 | 衛星 | 論文


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう