ニュース
» 2016年06月12日 11時00分 UPDATE

どこに人間がいるか分かる? ボディーペイントで「遠吠えするおおかみ」を再現するトリックアート

身体を使って、動作まで模倣しています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ボディーペイントを使ったトリックアートの動画「The Wolf」がYouTube上に公開されています。遠吠えするおおかみの様子を3人で模倣しているのですが、一目見ただけではまったく分かりません。



画像 3人がどんなポーズを取っているのか分かりますか?

 制作者は、イタリア出身のアーティスト、Johannes Stötter氏。動画の後半でネタばらしされ、3人がそれぞれ背中、足や胴体、顔や首を担当していることが分かります。口の開閉は左肘と右手を使って1人で再現しており、かなり複雑な姿勢をとっています。おおかみに見えるようにボディーペイントするのも難しそう。

 同氏のYouTubeチャンネルでは、このほかにもカメレオンや熱帯魚のエンゼルフィッシュなどを、ボディーペイントで再現した動画が公開されています。


画像

画像 おおかみがバラバラになって、ネタばらし



 こちらも動画後半で、人間がどんなポーズを取っているのか分かります。手足で表現した生物の動作が巧みで、繰り返し見ても楽しめるはず。


マッハ・キショ松


関連キーワード

動画 | YouTube | 芸術 | トリックアート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう