ニュース
» 2016年06月12日 17時00分 UPDATE

地震の予測地図2016年版が発表 全国の発生確率に変化

太平洋側は上昇、一部では下がるところも。

[宮原れい,ねとらぼ]

 政府の地震調査研究推進本部は、主に大規模な地震の発生確率をまとめた「全国地震動予測地図2016年版」を発表しました

 資料の地図編では、今後30年間に震度5弱以上〜6強以上の揺れに見舞われる確率を示した予測地図が、それぞれケースやカテゴリー別で掲載されています。


全国地震動予測地図2016年版 確率論的地震動予測地図(今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率)

 家具や建物が倒れる可能性が出てくる“震度6弱”以上になると、特に太平洋側の「南海トラフの地震」震源域周辺の確率が目立つようになり、前回の2014年版と確率を比較すると2%ほど高くなっていることが分かります。


全国地震動予測地図2016年版 2016年版と2014年版を比較、その差を示した予測地図

 付録には、全国の代表地点における確率の比較もあり、確率が高いまま1〜2%上昇しているのは静岡市68%、名古屋市45%、大阪市55%、神戸市45%、奈良市61%、和歌山市57%、岡山市41%、徳島市71%、高松市61%、松山市44%、高知市73%など。その他2014年版と変わらずですが、水戸市81%、さいたま市55%、東京都47%、千葉市85%と、関東は平均的に高めの確率となっています。

 地域によっては今回新たに評価対象となった活断層や、評価の見直しによって確率が変動している場所も多く、特に長野市は2014年版の13%から今回5.5%まで下がっています。


全国地震動予測地図2016年版 代表地点における確率比較

 地震調査研究推進本部は、「強い揺れに見舞われる確率がゼロとなるところは存在しない」として、確率が低くても注意する必要があることを述べています。また、資料には「不確実さが含まれています」とあり、新たなデータで確率が変わる可能性があることを述べ、今後とも見直しつつ随時更新していく予定であるとしています。

(宮原れい)


関連キーワード

地震 | 地図 | 比較 | 調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう