ニュース
» 2016年06月12日 11時51分 UPDATE

凡人の域を超えている父親の出勤風景が確かに非凡でかっこいい

がちゃん、ぶるるるる、びゅーーーーーん!

[ねとらぼ]

 「毎朝の父の出勤が凡人の域を超えている」と動画とともに投稿したツイートには、確かに非凡な出勤風景がそこにありました。

電動ミニカー ワクワクしちゃう

 動画では自宅前と思われる場所に一台の電動ミニカーが止まっており、風防を閉じるとあっという間に走りだし小さくなっていきます。お父さん、いってらっしゃい……。ツイートは7000を超えるRTと6000ほどの「いいね」を獲得しました。



 凡人の域を超えているのは、意外な出勤手段だったことはもちろんのこと、この電動ミニカーが自作であるため。投稿主のまろリン(@tincle_x2_966n8)さんによると、父親お手製の溶接無しの自作フレーム(アーム類除く)が自慢で、製作費は40万ほど。通勤距離を往復(約20キロ)する航続距離を誇るんだそう。

電動ミニカー

電動ミニカー

電動ミニカー

 毎朝この自作の電動ミニカーで出勤しており、ツイートの反響について当の父親は「驚いている」とのこと。日々手を入れているようで、まろリンさんは1からクルマを手作りしてしまう父親を尊敬しているそうです。なお、父親の趣味に寛容な母親は「サイドカーを希望している」んだとか。いつの日か、サイドカーをつけた電動ミニカーを見られる日が来るかもしれませんが、規定外なので難しいかもしれませんね。

 この電動ミニカーのコンセプトや仕様は、父親自身が公開している自作リバース・トライクに詳しく掲載されています。

電動ミニカー 改造前の自作電動ミニカーの姿(前)

電動ミニカー 改造前の自作電動ミニカーの姿(後)

電動ミニカー 改造前の自作電動ミニカーの姿(ぱかっ)

電動ミニカー 計器はこんな感じ

関連キーワード

改造 | 手作り | 自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう