ニュース
» 2016年06月13日 10時00分 UPDATE

約70万年前の「ホビット」の祖先か フローレス島で新たな小型原人の化石が発掘される

これによって「ホビット」はジャワ原人が小型化した可能性が高くなりました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 身長1メートルほどで「ホビット」の愛称で知られるフローレス原人(ホモ・フローレシエンシス)の化石が見つかったインドネシアのフローレス島で、約70万年前のものとされる新たな化石が発掘されました。

 科学ジャーナルnatureに6月9日掲載された発表によると、今回発見された新たな歯や骨によって、「ホビット」の“ジャワ原人が進化によって小型化した可能性”が高まったということです。


フローレス原人 約70万年前 化石 nature.comより

 これまでフローレス原人が小型化した理由は仮説のみで謎とされてきましたが、フローレス原人よりも古く、さらに小柄などの類似点から祖先と思われる今回の化石によって、その謎が解き明かされる可能性が出てきたとのこと。また、「先天性の発育障害」の説もありましたが、これは今回の発見で否定されています。


フローレス原人 約70万年前 化石 nature.comより

(宮原れい)


関連キーワード

小型化 | 発掘


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう