ニュース
» 2016年06月13日 13時26分 UPDATE

どういうPCスペックだ 3Dキャラをスキャンして400万個の“マイクラ風ブロック”で再現する動画が謎の超技術

遠くから見ればブロック感ゼロ。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ニコニコ動画に投稿された、「3Dキャラをスキャンして数百万個のマイクラ風ブロックに変換してみた」が人気です。タイトルの通り3Dキャラのモデルを読み込んでマイクラ風なブロックで再現するというものなのですが、とてつもないブロックの物量作戦となっていました。



 今回読み込む3Dモデルは、Unity Technologies Japanのオリジナルキャラクター・ユニティちゃん。まずはブロック4個で再現し、そこからどんどんブロック数を増やしていきます。ブロック4個だと、なんとなくそれっぽい色使いのオブジェみたいな感じ。


Unity 今回のモデルユニティちゃん


4個 ブロック4個

 2回めは150個、3回めは1947個……と、ブロックの数が増えるたびに鮮明に、そして大きくなっていきます。どこまで増えていくのかと思ったら、最後は407万2825個、高さは1560メートルに。技術もすごいですが、400万個以上のブロックを同時に描画できるPCスペックもすごい。


150個 150個


1947 1947個


8629 8629個。顔がはっきりしてきた


3万7776個 3万7776個


3万7776個2 3万7776個を近くで見るとこんな感じ


100万 100万突破


400万 ラストは407万2825個。ブロックとは思えないほど鮮明

 近くで見ると、その姿はまるで巨大な要塞(ようさい)のよう。中は空洞になっているため、体内を見て回ることもできます。逆に、離れて見てみると、ブロックであることが分からないほど鮮明です。


指 通路のような指


なんか なんか……ってどの部分だ


胸元 胸元


内側 内側から見た顔。怖い


離れて 少し離れるとブロックとは分からなくなる

 同動画を作成したのは、さまざまな物理演算動画を作成してきたむにむに別館さん。今回も、高い技術力と斬新な発想で楽しませてくれました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう