ニュース
» 2016年06月14日 09時30分 UPDATE

右手を失った彫り師、義手にタトゥーマシーンを装着し再びタトゥーを彫れるように

まるで手のような動き。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 フランス・リヨンに住む22年前に右手を失ったタトゥー彫り師JC Sheitan Tenetさんがタトゥーマシーンを装着し、タトゥーを彫れるようになりました。複数メディアによれば、世界初のタトゥーマシーンだそうです。



 Tenetさんが装着しているのはフランスのアーティストJL Gonzalさんが製作し、贈ったものです。Tenetさんが元々付けていた義手につけられるように設計されています。楽に手を上げ下げできるように軽くなっていて、コード類が作業の邪魔をしない工夫もされています。



 実際に使用している動画がYouTubeに投稿されていますが、本物の手さながらの動きでタトゥーを彫っています。



 現在は義手を肩で動かしていますが、将来的には手首のような動きや指の動きを組み込むこともGonzalさんは考えています。テネットさんはMOTHERBOARDに対して「私たちは手よりもよい道具を作りたいんだ」とも話しています。



 なおこの義手はプロトタイプのため、普段使い用ではないようです。ミシンやレコードプレーヤーなどから部品を使っているようですが、見た目も渋くてかっこいいですね……。


関連キーワード

YouTube | 動画 | 世界初


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう