ニュース
» 2016年06月15日 18時40分 UPDATE

人為的な気候変動で初めて哺乳類が絶滅 オーストラリアの研究チームが発表

海面上昇などにより、すみかを失ったと見られています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 豪州クイーンズランド大学、クイーンズランド州政府の研究者らは、グレートバリアリーフに生息するブランブルケイメロミス(Bramble Cay melomys)が絶滅したと発表しました。人類が引き起こした気候変動によって絶滅した、世界で初めての哺乳類だとしています。


画像 絶滅したブランブルケイメロミス

画像 お顔

 ブランブルケイメロミスは以前から絶滅のおそれが指摘されていたげっ歯類。2014年3月、8〜9月に生息を確認する調査が行われたものの、発見できなかったため絶滅してしまったと見られています。

 クイーンズランド大学の講師、Luke Leung氏によれば、根本的な原因は人類による気候変動。それにより海面上昇や厳しい天候の頻発化などが起き、岩礁が水没してすみかを失ったとしています。


画像 ブランブルケイメロミスが生息していた島、Bramble Cay(2011)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう