ニュース
» 2016年06月17日 08時00分 UPDATE

2000年以上前のバター、アイルランドの沼地から見つかる 「触った手から強い匂い」「理論上食べられる」

一体どんなかぐわしい匂いが……。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 アイルランド・ミース州ドレイクラスの沼地から、2000年以上前に作られたと見られる10キロのバターの塊が発見されました。保存食とはいえよくぞ腐らずに……匂いがすごそう。

沼地バター 「沼からバターが採れました!」(キャバンカウンティー博物館公式サイトより

 一般男性のJack Conwayさんが自宅近くの沼地での作業中、地下5メートル下から見つけ出したとのこと。キャバンカウンティー博物館に届け出、現在バターは調査・分析のために保護局や国立博物館へ運ばれています。

 しかしどうして沼地にバターが? キャバンカウンティー博物館によると、中世初期アイルランドではバターは税や家賃代わりに用いられる高級食材で、霊や神々への捧げ物として地面に埋め込んだり掘り起こされたりすることもあったそうです。また沼地は環境としても、低温、酸素も少なく土壌も強い酸性と、バターの保存にうってつけとのこと。神々に捧げられたバターがそのまま沼地で2000年以上保たれたのかもしれません。

沼地バター ラグビーボールくらいの大きさ

 米ニュースサイトMarshableによると、バターについて同博物館の学芸員は「バターのような匂いがした。さすがに食べなかったけど、触って持ち上げたりした後に両手から強い匂いがした」と振り返ったそうです。米ニュースサイトのFOX NEWSの取材では、国立博物館の学芸員は「理論上はまだ食べられるけど、おすすめしない」と回答。恐くはありますが、匂い、味ともに挑戦してみたいところです。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー