ニュース
» 2016年06月17日 13時12分 UPDATE

世界初、楽譜専用の2画面電子ペーパーが誕生 演奏中にワンタッチでめくってタッチペンで書き込みも

楽譜も紙からデジタルへ。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 世界初となる、楽譜専用の2画面電子ペーパー「GVIDO」をテラダ・ミュージック・スコアが開発しました。演奏中にワンタッチでページがめくれるほか、タッチペンで書き込みや消去もできるなど、デジタルならではの便利な機能をそろえています。

GVIDO 楽譜専用の電子ペーパー「GVIDO」

 端末にはE-INK社製の“Mobius”13.3 型フレキシブル電子ペーパーを採用したことで、楽譜と同じ幅480ミリ・高さ310ミリのサイズを実現。厚さは5.9ミリ、重さは約650グラムと薄型軽量で、2画面を折りたたんで持ち運べます。

GVIDO 演奏中に……

GVIDO 端をぽんっと触るだけで楽譜が切り替わる

GVIDO 紙と変わらぬ感覚で書き込みも可能

 電子楽譜のファイル形式はPDFに対応。8GBの内蔵メモリに加えてマイクロSDカードスロットとマイクロUSB端子も搭載しているので、多くの楽譜を入れられます。楽譜への手書きやブックマークといった情報も一緒に保存可能。またWi-FiとBluetooth機能も搭載しており、将来的には電子楽譜サービスからの楽譜購入や、さまざまなアクセサリーとの接続もできる予定です。

 テラダ・ミュージック・スコアは6月3日〜6日に仏カンヌの国際音楽産業見本市「midem」で参加者から得た意見を参考にしながら、端末の早期商品化を目指すとしています。今後も実用実験を通じて使い勝手の良さを検証し、音楽に関わる個人や企業、音楽大学、オーケストラなどと共にさまざまな活用の場を検討していくそうです。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう