ニュース
» 2016年06月17日 17時23分 UPDATE

JR東日本が記念切手に使用する画像を無断提供し謝罪 「使用許諾を得ていると思い込んだ」

この切手は5月26日に販売されたものでしたが、販売中止が決定しました。

[イッコウ,ねとらぼ]

 JR東日本は、同社が画像を提供し既に販売されていたオリジナルフレーム切手に、使用許諾を得ていない画像が含まれていたと発表した。



 この切手は5月26日に販売開始となった”「横浜を彩ってきたJRの車両たち」 〜横浜セントラルタウンフェスティバルY157開催記念〜”。発表によると、JR東日本は使用許諾を得ていない画像1枚に関して、既に使用許諾を得ていると思い込み、使用可能な素材として日本郵便へ提供。その後、当該画像の撮影者から指摘を受けて社内調査を行ったことで使用許諾を得ていないことが判明したという。

 このオリジナルフレーム切手は販売中止になることが決定。JR東日本は「同様の事象が二度と起こらぬよう、再発防止に取り組む」している。



関連キーワード

JRグループ | 切手 | 東日本 | 謝罪 | 日本郵便 | 写真


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう