ニュース
» 2016年06月17日 20時32分 UPDATE

Google Earthに伝説の怪物“クラーケン”現る!?

本物だったら全長100メートルはありそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 GoogleEarthの座標「63° 2'56.73S 60°57'32.38W」に、巨大生物らしきものが写り込んでいることが発覚しました。UFO目撃情報などを掲載するWebサイトUFO SIGHTINGS DIARYが発見したもので、北欧の伝説に残る怪物、クラーケンではないかと指摘しています。


座標 問題の座標(画像はGoogleEarthより)

 クラーケンはノルウェー近海やアイスランド沖に出現したとされる海の怪物。ファンタジー作品にもしばしば登場し、巨大なタコやイカのような姿で描かれています。南米大陸と南極大陸の間に位置する、問題の座標を見ると、確かにイカの胴体のようなものが……。


拡大図 拡大してみると、横向きのイカらしきものが、波を立てて水中から現れているように見える(画像はGoogle Earthより)

全体地図 GoogleMapで見ると、所在地は南極半島の北方

 Google Earthの距離測定機能で測ると、見えている部分だけで約40メートルもあります。クラーケンのモデルとされるダイオウイカの場合、触腕を含めた全長は胴体の2倍以上となることが多いようです。そこから類推すると、この怪物が本物であれば、全長は100メートルにも及ぶことに。概算とはいえ、ちょっとした高層ビルのサイズですね。


計測 測定機能(地図上で右クリックし、「距離を測定」を選択)で測ると、見えている部分は約40メートル。あくまでも地図上の測定であり、大きな誤差が出ることと思われますが、水中に長い触腕が隠れているとも想像できます

 もちろんこの低解像度の画像で、巨大生物の存在を断定できるものではありません。しかしネットでは、古代の水棲は虫類説や水中から発進したUFO説など、さまざまな想像が飛び交っているようです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう