ニュース
» 2016年06月17日 21時32分 UPDATE

「ブラックバイト」で「しゃぶしゃぶ温野菜」運営会社を提訴 首を絞める、包丁で刺すといった暴行・殺人未遂行為の告発も

「ブラックバイト」での民事訴訟・刑事告訴は初。

[ねとらぼ]

 飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」の元店長と元従業員による「ブラックバイト」トラブルをめぐり、元従業員の大学生が6月17日、損害賠償などを求めて運営会社・DWE JAPANを提訴したことが分かりました。また、殺人未遂・暴行・恐喝・脅迫といった元店長らの刑事責任を追求するため、千葉県警にも告訴状を提出したとのこと。いわゆる「ブラックバイト」被害での民事訴訟は初で、さらに告訴状が受理されれば「ブラックバイト」初の刑事告訴となります。



 「しゃぶしゃぶ温野菜」をめぐっては昨年9月、大学生アルバイトが4カ月間休みなしで働かされ、さらに十数万円の自腹購入を強いられたとして、労働組合「ブラックバイトユニオン」が運営会社であるDWE JAPANおよびレインズインターナショナルに対し団体交渉を申し入れていました。しかしその後も大きな進展はなく、不誠実な対応が続いたことから今回の提訴に至ったとのこと。

 ユニオン側は今回、元店長らの暴力行為についても新たに告発。これまで公表されていた長時間労働や自腹購入に加えて、「調理用包丁で胸や腕などを刺す」「殴る、首を絞めるなどの日常的暴行」など、元店長らの暴行・殺人未遂行為についても明らかにされました。同日行われた記者会見では、包丁で刺された傷跡や、穴の空いた制服の写真なども公開されています。

 昨年の申し入れ後、レインズ側は第三者機関による調査結果を公表しましたが(関連記事)、こうした暴行や殺人未遂行為については触れられていませんでした。その後ユニオン側から暴力被害について両社に連絡したものの、DWE側は部分的にしか事実を認めず、レインズ側に至っては一切の反応がなく、調査結果の修正も行われなかったとのことです。



ブラックバイト温野菜 レインズインターナショナルのサイト。温野菜以外にも牛角、かまどか、土間土間などを全国に展開

関連キーワード

労働組合 | 飲食店 | トラブル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー