ニュース
» 2016年06月19日 09時00分 UPDATE

AIが乗客と会話する自動運転バスが公道での運転を開始 IBMの人工知能「Watson」導入

移動中に乗客の質問に答えてくれます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 IBMとLocal Motorsは、人工知能(AI)が搭載された自動運転バス「Olli」を発表しました。IBMの人工知能「Watson」を導入し、移動の間に乗客と会話したり、質問に答えたりします。


Olli 人工知能 Watson 自動運転バス 自動運転バス「Olli」

 バスは12人乗りと小型で、IBMの発表によると「世界初の3Dプリンタを使った車」。車両全体に30以上のセンサーが積まれたOlliが自動で運転し、Watsonは乗客と車両の仕組みや行き先について会話したり、他にもオススメのレストラン情報を伝えたりと、車掌のような役割を担います。「パーソナライズされた体験を提供する」ということなので、一人一人に対してのコミュニケーションがメインとなるもようです。

 OlliはすでにワシントンD.C.の公道での運転を開始。2016年後半にはフロリダ州のマイアミ・デイド郡と、ラスベガスでも運転がスタートする予定です。



 人工知能「Watson」は日本語版も(開発に利用できるAPIも)日本のIBM公式サイトで公開中で、Watsonとの会話の様子が見られる動画もいくつか公開されています。もしかしたら、日本でも自動運転バスの走る日は近いのかもしれませんね。




(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう