ニュース
» 2016年06月19日 18時33分 UPDATE

胃の中身を管で排出! 究極のダイエット機器「AspireAssist」がアメリカで承認

医師による管理のもと使用する必要があります。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 胃に管を付け、食べたものの一部を排出する肥満向け機器「AspireAssist」がアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認されました。


肥満向け機器「AspireAssist」 胃に管をつなげる

 機器を使用する場合、腹部に切り込みを入れて内視鏡と管を胃に入れ、おなか側には円形のバルブを取り付けます。


胃から排出する肥満向け機器 バルブを開けて胃の中身を排出

 使い方は食後外部のコネクターと管をバルブへつなげて、バルブを開けることで胃の中身をトイレへ排出します。一度排出したら水を注入し、また排出。一連の作業は5分から10分でできるとのことです。これで摂取カロリーのおよそ30%を取り除くことができるんだとか。これぞ究極のダイエットという画期的な機器ですが、なんだかちょっと怖いかも……。


胃から排出する肥満向け機器 水を注入し再び排出

 FDAは、「AspireAssist」で治療した111人の患者を、生活セラピーのみで治療した60人と比較しています。1年後、平均で生活セラピーのみの患者は3.6%の減量だったのに対し「AspireAssist」で治療した患者は12.1%の体重を減らすことができたと発表しています。


胃に取り付ける肥満向け機器 外側に付ける機器はバッグで持ち運び

 もちろん痩せたい人ならだれでも使っていい機器ではなく、22歳以上で、BMIが35から55まで肥満の人向け。かつ手術以外の減量治療で減量やその後の体重維持に失敗したことのある人を対象としています。FDAは、患者は医師によって定期的に観察され、カロリー摂取を減らすプログラムに従う必要があるとしています。副作用として時折の消化不良、吐き気、嘔吐、便秘、下痢が指摘されています。



関連キーワード

ダイエット | 肥満 | 治療 | アメリカ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう