ニュース
» 2016年06月20日 17時00分 UPDATE

「生かされている」ことに感謝 新田恵利、脳動脈瘤手術を受けていた

6月15日に手術。その週の日曜日には早速仕事をしたそう。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 元おニャン子クラブの新田恵利さんが脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたことを自身の公式ブログで明かしました。

 新田さんは2013年に放送されたテレビ番組「主治医の見つかる診療所」の企画で初めての人間ドックを体験。そこで、軽度の心臓疾患と脳動脈瘤が発見されていました。

ハート型になっていた新田さんの腫瘍(画像は新田恵利さんのブログより)

 そのときの腫瘍の大きさは3〜4ミリ。新田さんはその後、年に1回経過観察を行ってきましたが、今年の検査で腫瘍が大きくなっていることが分かり、今回の手術へ。ハート型になっている腫瘍の写真を添えて報告しました。事後報告となったことには、「100%安全な手術などありません。なので、やはり『もしも…』を考えて、皆さんにお伝えするのは、退院してからにしました」と説明しています。

 手術は6月15日に行われ、担当医から「難しい手術でした」とされたものの、その週の土曜日に退院、日曜日は仕事をしたことを報告。このことから開頭手術ではないとみられます。ブログの最後では、「『死』というものとの距離が縮まった時、そしてその時が過ぎ去った時、あらためて『生かされている』ことに感謝です」と心境をつづっています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう