ニュース
» 2016年06月20日 21時50分 UPDATE

ドミニカで観光客が撮影のために引き上げたサメが死亡 ホテル従業員も荷担し問題に

ホテル側は「従業員には適正な措置をとる」とコメント。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ドミニカ共和国のリゾート地にて、観光客が撮影のためにサメを浜に引き上げ、死亡させた事案が物議をかもしています。その様子は写真家にして海洋保護活動家のGary Stokesさんにより、FaceBookYouTubeで公開されました。

 事案が発生したプンタ・カナのビーチでは、釣りが禁止されているにもかかわらず、観光客はサメを捕獲。さらに近隣のホテル「ハードロック」所属のライフセイバーも荷担していたことを、Gary Stokesさんは指摘。観光客をもてなすためサメを殺したことに憤慨しています。


捕獲 サメを捕獲した観光客(Gary StokesさんのFaceBookページより)

ライフセイバー 赤いTシャツを着ているのが、捕獲に荷担したライフセイバーたち(Gary StokesさんのFaceBookページより)

 動物の写真や動画を紹介するサイト「The Dodo」の取材に対し、ホテル側は「当社の動物保護の基準に反すること」とコメント。従業員には適正な措置をとると述べています。


(沓澤真二)


関連キーワード

観光 | 撮影 | リゾート


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう