ニュース
» 2016年06月21日 17時17分 UPDATE

自撮りってレベルじゃない! ドローン撮影で行く世界一周ハネムーンが絶景すぎる

旅行したくなってくる。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 世界一周旅行中に訪問した先々でドローンを使った自撮りをしている新婚夫婦の映像が絶景すぎてドローンが欲しくなってきます。



 映像を再生すると、にこやかにカメラに写るKazさんとMarikoさん。一見海辺での何の変哲もない自撮り映像ですが、よく見るとKazさんの手元には自撮り棒ではなくゴツいドローン用のコントローラーが握られています。しばらく2人を撮影した後、画面手前方向に向かって勢い良く飛び立つ撮影用ドローン。あっという間に夫妻が米粒大の大きさになったかと思うと、ドローンはそのままぐんぐん上昇。始めは単なる海辺に見えた風景も、次第にドバイの「パーム・ジュメイラ」だったことが分かってきます。

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン 一見すると普通の自撮り

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーンドローン撮影で行く世界一周ハネムーン ドローンが飛び立つと二人は一気に米粒以下の大きさに

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン ドバイすごい(小並感)

 最初に見える近景と、上空からの遠景のギャップによるインパクトは絶大。世界一周ハネムーンは現在45カ国を突破し、まだまだ続行中です。撮影された絶景は話題を呼び、先日はBBCニュースでも取り上げられました。その際に思い出深い“自撮り”ベスト3を聞かれたKazさんは、先に紹介したドバイでの自撮りのほかに、シンガポールのホテルからの自撮りと、アマゾン川からの自撮りを上げていました。このほか、旅先での絶景や印象に残った出来事については、2人のTwitterやブログなどで積極的に発信されています。



ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン ホテルの一室

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン するする窓から出て行くドローン

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン 結構大きなホテルですね……?

ドローン撮影で行く世界一周ハネムーン って、なんか屋上に船みたいなのが乗ってるし!

 また、編集部でもKazさんとMarikoさんに取材を敢行。ドローン関連で過去一番困った出来事について伺ったところ、「イスラエルからヨルダンへ陸路で渡ろうとした際、荷物検査でドローンが引っかかり、入国拒否されたこと」との回答をいただきました。約3時間にも及んだ交渉の末、やはりドローンを所持した状態での入国は断られてしまい、結局ドローンは国境に預けて入国することになったそうです。加えて、ヨルダンから次の国への航空券を既に購入済みだったのに、それもやむを得ずキャンセルする羽目になったとのこと。ドローンを巡る法整備は各国で日々変化があるため、旅行で持ち歩く際には臨機応変な対応が求められそうですね……。



 ついでに、おいしかった食事ベスト3も聞いてみたところ、3位「ベルギー・ブリュッセルで食べたムール貝の酒蒸し」、2位「ベトナムのつけ麺・ブンチャー」、1位「スペインで食べたタパスとイカスミのパエリア」とのことでした。

画像提供:Kaz&Marikoさん

関連キーワード

産業用ドローン | 撮影 | 新婚旅行


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう