ニュース
» 2016年06月21日 18時07分 UPDATE

話題の女優・森川葵、ぐんにゃりし過ぎてダンゴムシになる

「座椅子みたい」「ガラケーみたい」「森の妖精みたい」と人以外の何かを連想した人多数。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 7月7日からスタートする新・木曜ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」に出演する女優の森川葵さんが番組の公式Instagramで、ぐにゃりと折れ曲がった体をさらし話題となっています。目に生気がない感じも相まって軽くホラー!

ダンゴムシ森川葵 ぐんにゃりってレベルじゃない曲がりよう(画像は「遺産相続弁護士 柿崎真一」公式Instagramより)

 「ミスセブンティーン2010」でグランプリに輝いた森川さんは、Seventeenモデルを経て、ドラマや映画などに活動の幅を広げている21歳の注目女優。「遺産相続弁護士 柿崎真一」では、三上博史さん演じる主人公・柿崎真一の相棒でヒロインの丸井華役を演じています。

 柔軟さがはっきり分かる森川さんの前屈姿には「だんごむし」とコメントが添えられていますが、ユーザーコメントでも「座椅子みたい」「ガラケーみたい」「森の妖精みたい」と人以外の何かを連想した人が多い様子。同アカウントではこのほかにもさまざまな表情を見せる森川さんの姿が確認できます。

森川葵 左が森川さん。何だろうこのポーズ……?(画像は「遺産相続弁護士 柿崎真一」公式Instagramより)

 そんな森川さん、19日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にも出演し、大好きだという人気コスプレイヤー・御伽ねこむさんと対面。御伽さんの胸を触らせてもらって「あっ……やばい……」と漏らしたり、のれんをくぐるように御伽さんのスカートの中をのぞきこんだりと妄想大暴走。番組MCの宮迫博之さんから「壊れていってるよ、大丈夫なの?」と心配されたりしたキャラも人気を呼びそうです。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう