ニュース
» 2016年06月21日 20時56分 UPDATE

80歳を過ぎてはじめてディズニーランドを訪れたおばあちゃんにほっこり 「人生に希望が持てる」「こういう歳のとり方したい」

ステキなおばあちゃん……!

[ねとらぼ]

 80歳を過ぎて、はじめてディズニーランドに行ったというおばあちゃんのエピソードがTwitterで話題になっています。若いうちから苦労を重ね、今まさに人生を満喫しているおばあちゃんの様子に、「人生に希望が持てる」「こういう歳のとり方したいなあ」など、勇気や希望を分けてもらったという声が相次ぎました。

 ツイートを投稿したのは、ライトノベル作家としても活躍するSOW(@sow_LIBRA11)さん。戦後のドタバタの中で青春期を過ごしたおばあちゃんは、遊びたい時期に遊べず、「ぜいたく言っちゃいけない」というのが当たり前になっていたそうです。





 そんなある日、SOWさんはおばあちゃんに「1回ディズニーランド行ってみる?」と提案します。おばあちゃんは昔から「くまのプーさん」が大好きで、絵本や小さなぬいぐるみを棚にかざってはささやかに楽しんでいたそう。最初は「私みたいな年寄りが行ったらアカンやろ」と足踏みしていたおばあちゃんでしたが、いざ連れていくと「いやーん、わーん、きゃーん!」と乙女の瞳になって大興奮。「プーさんのハニーハント」に7回連続で乗り、ラストの花火ではシンデレラ城の前で見たいと全力ダッシュするほどでした。おばあちゃん、80すぎですよね……?




プーさん好きおばあちゃんにほっこり プーさんのハニーハント(東京ディズニーランドのサイトより

 さらに、おばあちゃんの興奮は帰宅後も冷めることはありませんでした。家の中にさまざまなグッズを集めた「プーさんの部屋」を作り、ついにはプーさんの物語の舞台であるイギリスへ飛ぶまでに! SOWさんは「年寄りが年寄りらしく枯れてなきゃいけないなんて誰が決めたわけじゃない」「何か一つでいい、楽しむことを見つけて欲しい」と、一連のツイートを締めくくっています。






プーさん好きおばあちゃんにほっこり おばあちゃんがイギリスに行った時の写真(画像提供:SOWさん)

 SOWさんにお話を聞いたところ、なぜそんなにプーさんが好きになったのかは、おばあちゃん本人も覚えていないそう。写真が残っているので40年以上前なのは間違いないものの、本人にとっては今や「好きであることが当たり前になっちゃった」のだとか。また、普段から自分のことを優先しない人だったこともあり、ディズニーランド行きを決めてくれた時には、家族や親戚一同、「バーさんが自分からしたいこと言い出してくれた」と大喜びしたそうです。ちなみに旅費はおじいさんが全部出してくれたとのこと。


プーさん好きおばあちゃんにほっこり 「プーさんの森」こと「ハートフィールド」に向かう途中に撮影したものだそうです(画像提供:SOWさん)

 麻生太郎議員の「金は使わなきゃ何の意味もない」「さらにためてどうするんです?」といった発言が批判を浴びていますが、SOWさんはこれに対し「ある意味では正しい」とツイート。高齢者がお金を使うのは、もちろん社会経済を動かす意味もありますが、なにより「年寄りのためでもあるのよ」とSOWさんは語ります。

 80歳を過ぎてからでも、人生はいくらでも満喫できる。おばあちゃんのステキな生き方が、多くの人に希望を与えています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー