ニュース
» 2016年06月22日 12時25分 UPDATE

2年前に発生した「GMOメイクショップ」の情報漏えい件数、実際は6倍の62万件だったことが判明

警察からの情報提供により判明。

[コンタケ,ねとらぼ]

 GMOメイクショップが提供するネットショップ構築サービス「MakeShop」が、2014年9月に発生した不正アクセスについての再調査と漏えい件数の変更についての報告を発表しました。この報告によると、当時漏えい件数を10万件と発表していましたが、実際はその6倍の62万件が漏えいしていたことが判明したそうです。


お知らせ GMOメイクショップによる報告(画像はMakeShopより)


お知らせ2014 2014年9月25日の発表

 同報告によると、GMOメイクショップは2014年9月24日に「MakeShop」で不正アクセスが発生し、調査の結果最大320店舗の管理者用ログインID・パスワード、うち39店舗の最大10万1624件の会員情報が漏えいした可能性があると2014年9月25日に同社Webサイトで公表しました。しかし、2016年5月、警察から「MakeShop」を利用している店舗および店舗の会員情報と思われるデータの提供を受け再調査した結果、2014年9月時の不正アクセスにおいて同社で把握し報告していたより多い62万5578件が外部に漏えいしていたことが判明したとのこと。

 同社では「この事態を厳粛に受け止め、より一層の情報管理体制の強化、システム運用体制の強化など、さらなるシステムリスク管理体制の強化を図り、信頼の回復に努めてまいります」としています。また、2014年9月25日以降に「MakeShop」を利用した店舗および店舗の会員情報の漏えいはないとのこと。また、2014年9月24日から2016年6月21日現在まで、なりすましによる不正購入などの被害の報告もないとしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう