ニュース
» 2016年06月22日 14時35分 UPDATE

息子の頭部の手術痕そっくりなタトゥーを入れた男性 がんを患う子どもの父親を表彰するコンテストで優勝

子どもの自信を守るために、おそろいの手術痕。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 がんを患う子どものために坊主頭になった父親を表彰するコンテスト「BestBaldDad」で、息子の頭部の手術痕を模したタトゥーを入れたJosh Marshallさんが優勝を果たしました


Josh Marshallさん 息子のために、手術痕のように見えるタトゥーを入れたJosh Marshallさん

 開催したのは、がんを患う子どもを支援する米国の団体「St. Baldrick's Foundation」。コンテスト参加者の画像は同団体のFacebookページに公開され、「いいね!」やシェアの数を票としてカウントします。

 頭部右側に大きな手術痕が残る息子と一緒に写ったJosh Marshallさんの写真は、5000を越える票数を獲得して1位に。タトゥーは、子どもの自信を守るために入れたそうです。同氏はFacebook上に、投票が集まり優勝できたことに感謝したうえで「子どもを助けたいという気持ちは、他の参加者も一緒。私にとっては参加者全員が優勝だ」と投稿しています。


画像 2016 #BestBaldDad Finalists」として投稿された画像。全部で56枚

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう