ニュース
» 2016年06月22日 15時21分 UPDATE

リオ五輪の聖火イベントに展示されたジャガーが逃亡後に射殺 地元委員会が過ちを認める

そもそもジャガーをイベントに起用すること自体が違法だったそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 6月20日、リオ五輪の聖火イベントに、ジャガーのジュマ(17歳、メス)がゲストとして登場。しかしジュマはその後逃げ出し、翌日ブラジル軍によって射殺されたことが、ABC(オーストラリア放送協会)などの報道によって明らかになりました。


ジュマ1 厳重な警備下で、イベントに客演したジュマ(画像はアマゾナス州のFaceBookより)

 ジュマは動物園で飼育されていたジャガーで、聖火がアマゾナス州のマナウスを訪れたとき、イベントに連れて来られました。観客の安全を保つためにジュマは首輪につながれ、周囲には銃で武装された厳重な警備が。


ジュマ2 首輪を嫌がっているようにも見える(画像はリオ五輪広報Twitterより)

 しかし聖火の通過後、動物園へ移動する際に、ジュマは逃亡。ブラジル軍は4発の麻酔針を撃つもジュマの勢いは収まらず、獣医に向かったため、やむなく射殺したそうです。

 この件に対し、地元のオリンピック委員会は「平和と統一のシンボルである聖火と、鎖につながれた動物を一緒に展示したことは過ちであった」と声明。今後このような事件が起きないことを約束すると述べました。

 アマゾナス州政府の環境当局の基準では、そもそもイベントでのジャガーの使用は違法だったとのこと。開催側からは、使用許可の打診すらなかったそうです。絶滅危惧種であるジャガーを不用意にイベントに起用し、あまつさえ死亡させてしまったことに、非難の声が多数あがっています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー