ニュース
» 2016年06月23日 13時50分 UPDATE

東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」駅に2017年春改称 副駅名は「草加松原」

業平橋から「とうきょうスカイツリー」に改称して以来。

[ねとらぼ]

 東武鉄道は6月22日、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の松原団地駅(埼玉県草加市)の駅名を「獨協大学前」駅に変更すると発表した。副駅名には国の名勝に指定されている「草加松原」とし、2017年春には改称する。

東武鉄道

 松原団地駅は当時「東洋最大規模のマンモス団地」と呼ばれた松原団地の最寄り駅として1962年12月に開業。その後、1964年に獨協大学が開学し、各種文化施設が整備され、文化都市として発展した。

 現在、独立行政法人都市再生機構(UR)による「松原団地」の建て替えおよび市街地の整備が進展しており、また、2014年3月に旧日光街道の「草加松原」が国指定の名勝地“おくのほそ道の風景地”となったことを受け、草加商工会議所を中心に駅名変更の声があがっていた。駅名変更により地域のイメージアップとともに、観光地としてのPRにもつなげる狙い。

 東武鉄道が駅名を変更するのは、東京スカイツリーの開業にあわせて2012年に「業平橋駅」から「とうきょうスカイツリー駅」に改称して以来。

東武鉄道

関連キーワード

東武鉄道 | 東京スカイツリー | 観光地


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー