ニュース
» 2016年06月23日 15時00分 UPDATE

マシュマロを撃ち出すおもちゃの銃が話題に ボウガン型やバズーカ型など多彩なラインアップが無闇に集まる

どれもこれも無駄にかっこいい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マシュマロを発射できるおもちゃの銃が、Twitterで注目を集めています。その正体は、アメリカのサイト「Hammacher Schlemmer」で売られている「マシュマロリストキャノン」。手甲のように手首へ装着し、グリップを握って発射。ギミックはかっこいいけれど、なにも食べ物を撃たなくても……。


リストキャノン こういう固定武装、アニメのロボットでもありますよね。ダグラムとか(画像は販売サイトより)

 この謎アイテムがTwitterで話題になると、別タイプのマシュマロ銃の存在を報告するリプライが多数。出るわ出るわ、ショットガンやらボウガンやら、多彩なバリエーションが集まりました。なんでこんなにあるんだよ。

 実はリプライで寄せられたマシュマロ銃は、すべてテキサス州の玩具メーカー「マシュマロ・ファン・カンパニー」の製品。いずれもマシュマロを空気圧で発射し、約30フィート(9メートル強)飛ばせます。同社は古くからマシュマロ銃を手掛けており、2009年には750万ドルを売り上げたそうです。けっこうなヒット商品だった……!


公式サイト マシュマロ・ファン・カンパニー公式サイト。製品の価格帯は10〜30ドル(約1000〜3000円)

 現在はラインアップを拡充し、弓矢型やスリングショット型など、発射方式も多彩になっています。ついには「マシュマロマン」と関連しての、映画「ゴーストバスターズ」とのコラボモデルまで実現。一部のモデルは、日本でも楽天市場で購入できます。


ブラスター 大きめのマシュマロを撃ち出せるブラスタータイプ(画像は公式サイトより)

シューター シュータータイプ。小さめのマシュマロを25連装できる、ポンプアクション式(画像は公式サイトより)

弓矢 弓矢型。弾丸がマシュマロなので、製品名はボウ・アンド・アローではなくボウ・アンド・"マ"ロー(画像は公式サイトより)

パチンコ スリングショット(いわゆるパチンコ)型。下部の筒状の部分に、マシュマロを蓄えられる(画像は公式サイトより)

ゴーストバスターズ マシュマロマンをあしらった、「ゴーストバスターズ」とのコラボモデル(画像は公式サイトより)

 同社は子どもが安全に取り扱える銃のおもちゃとして、マシュマロ銃を考案したとのこと。銃から直接マシュマロを吸入できないよう工夫するなど、設計も安全に配慮されています。「食べ物で遊ぶと怒られる」しつけを受けてきた日本人には不安なおもちゃですが、撃たれても痛くない点では、エアガンよりいいのかもしれません。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう