ニュース
» 2016年06月24日 09時20分 UPDATE

綾瀬×堤のW主演で「本能寺ホテル」 映画「プリンセス トヨトミ」チームが再集結

「トヨトミ」の次は「ノブナガ」!

[ねとらぼ]

 映画「プリンセス トヨトミ」(2011年)の製作・出演チームが再集結し、綾瀬はるかさんと堤真一さんのダブル主演で映画「本能寺ホテル」が製作される。公開は2017年を予定。

 結婚という人生の岐路に立つ主人公・繭子(綾瀬)が、ふとしたきっかけで本能寺の変前日にタイムスリップ。天下統一を目前にした織田信長(堤)と出会い、信長は本能寺の変を知ることになる……。

本能寺ホテル本能寺ホテル 倉本繭子役の綾瀬はるかさん(左)と織田信長役の堤真一さん(右)

 完全オリジナルストーリーの新作映画は、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子さん、そしてあの出演者チームでもう一度映画を作りたいという思いから企画がスタートしたという。綾瀬さんは出演に際し、「堤さんや鈴木監督はじめみなさんと、作品を作れるということでとても楽しい夏になりそうです!」、堤さんは「誰もが知る歴史の謎に迫るミステリー映画を、この最高のスタッフとキャストで盛り上げていきたいと思います」とコメントを寄せている。

 織田信長に仕える森蘭丸役は濱田岳さん、繭子の婚約者・吉岡役は平山浩行さん、本能寺ホテル支配人役は風間杜夫さんが務める。

本能寺ホテル 森蘭丸役は濱田岳さん。「蘭丸、お前かよ」とガッカリからスタートしているはずなので、後は上がるだけだと思っております、とコメント

ストーリー

 これまでの人生、何の疑いもなく流れに任せ日々を過ごしてきた倉本繭子。勤めていた会社が倒産し、あての無い生活を送っていたところ、彼氏・吉岡恭一から、「それなら、結婚しよう」とプロポーズをされる。

 そんないい話はない! と周囲からも薦められ、流されるままに婚約。そんな時、恭一の両親の金婚式の祝賀パーティに出席するため京都を訪れる。しかし予約していたはずのホテルは繭子の手違いで泊まることができず、途方に暮れた繭子がたどり着いたのは……路地裏にひっそりと佇む“本能寺ホテル”だった。「ようこそ、本能寺ホテルへ」――出迎えた支配人に導かれるように、繭子は不思議な世界へと迷い込む。

 時は1582年。武将と家臣団たちがとう留のため京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女が一人、寺に迷い込んでくる。かみ合わない会話を繰り広げているが、その女の正体は、“本能寺ホテル”にチェックインしたばかりの繭子!?

 そして突如、彼女の前に現れたのは天下統一を目前とした織田信長だった。繭子は自身も訳の分からぬまま“本能寺ホテル”と1582年の本能寺を行き来しながら、信長と信長に仕える小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性にひかれていく。

 やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が本能寺の変が起きる前日である事に気付き……。


(C)2017「本能寺ホテル」製作委員会

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー