ニュース
» 2016年06月24日 13時35分 UPDATE

ツンツン頭のミナミイワトビペンギン 世界初の人工授精に成功! 大阪・海遊館

いっぱい仲間が増えるといいね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 大阪・海遊館で、ミナミイワトビペンギンのヒナが3羽誕生、そのうち1羽が世界初となる人工授精の成功によるものと確認されました。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 人工授精で誕生したミナミイワトビペンギンのヒナ

 海遊館ではミナミイワトビペンギンの繁殖率向上を目指し、2011年から神戸大学と共同研究に取り組んできました。6年目となる今シーズンは、飼育数が多く自然繁殖の実績のある「東京・葛西臨海水族園」に協力を依頼。4月末に同園で採取した精子を海遊館まで運び、3羽のメスに人工授精を実施しました。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 足元にいるのがヒナ きゃわわ!

 3羽のメスは4月下旬〜5月上旬にかけて産卵、ペアの親鳥があたためて、6月4、5、6日に3羽のヒナが誕生しました。卵の殻に付いた血液のDNA検査を行った結果、1羽が人工授精によるものと確認できたそう。絶滅危惧種「ミナミイワトビペンギン」の人工授精成功は世界初とのことで、海遊館神戸大学のニュースサイトでも報告されています。

大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン 子育てをするペア 左:メス、右:オス
大阪・海遊館 ミナミイワトビペンギン すごく大事に育てているそう

 現在ヒナたちは「フォークランド諸島」水槽で飼育されており、ガラス越しではない「新体感エリア」で子育ての様子を観察できます。同館のTwitterには、体重を測定される際に足をバタバタさせたり「ピーピー」と鳴いたりする、かわいらしい姿も公開されています。

(神奈川はな)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー