ニュース
» 2016年06月24日 20時00分 UPDATE

棒人間があああぁっ! 歩きスマホの危険性をうったえる米地下鉄のPR動画が悲惨すぎてトラウマもの

見たら自省せざるを得なくなる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロサンゼルス地下鉄が、利用者へ危険行為を注意するために、せい惨なPR動画を公開しました。表現はシンプルながら、とにかく生々しい。

 「Safetyville」(安全な場所)と題した一連のシリーズもの。歩きスマホ編では、ホームでSNSや音楽に夢中になっていた人が、車両に跳ね飛ばされてバラバラになってしまいます。登場人物は棒人間のように簡素化されていますが、効果音だけは生々しく、視聴者の心へダイレクトにうったえかけます。


ホームにてSNSに夢中 音楽を聴きながらSNSに夢中。日本でもそこそこ見かける光景

ラインを越えて 周囲が目に入らず、安全ラインを踏み越えてしまう棒人間。日本の広告なら、このへんで誰かが止めに入りそうなところですが……

衝突 えっ

粉砕 えええええぇぇぇっ!

無関心 見ていた人が無関心に車両へ乗り込むところも恐ろしい

安全は自分から 最後のキャッチコピー「Safety begins with you」(安全は自分から)の説得力が半端ない

 ほかにも、無理な踏切の横断や、駆け込み乗車を注意する動画が5編。いずれも棒人間たちは悲惨な最期を迎えており、視聴後は自省させられること必至です。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう