ニュース
» 2016年06月24日 21時30分 UPDATE

この夏、地獄の釜のふたが開く! 7月16日から国立公文書館にて「ようこそ地獄、たのしい地獄展」が開催

夏はやっぱり国立公文書館。

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 7月16日〜8月27日の間、国立公文書館にて「ようこそ地獄、たのしい地獄」展が行われます。入館料は無料です。


ようこそ地獄、たのしい地獄展 たのしい地獄って……どんなところ?

 「地獄」という概念は古代インドから始まり、仏教や道教と共に日本に伝わってきました。今回の「ようこそ地獄、たのしい地獄」展では、主に平安時代から室町時代にかけて成立した多様な古典籍から、かつて人々が想像していた「地獄」という独特のイメージと死生観をひもといていきます。


ようこそ地獄、たのしい地獄展 説話から河鍋暁斎まで!

 平安時代末期の説話集「今昔物語集」から明治20年に出版された河鍋暁斎による地獄絵「暁斎画談」まで、多様な史料が展示されます。中には、江戸初期に書写された、「源氏物語」で人々を惑わせた罪により地獄に落ちたという紫式部を供養する表白文「源氏供養表白」などユニークなものも。

 7月27日と8月24日には、事前申し込み不要のギャラリートークも行われます。真夏の暑気払いに、みなさんも地獄の釜を開いてみてはいかがでしょうか。

正しい倫理子

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう