ニュース
» 2016年06月25日 17時55分 UPDATE

EU離脱で騒然とする英国、著名人らも動揺を隠せず ハリポタ作者「今日ほど魔法が使いたかったことはない」

アーティストらは残留支持が多かったよう。

[城川まちね,ねとらぼ]

 23日に行われた国民投票で、イギリスは欧州連合(EU)からの離脱へ舵を切ることとなりました(関連記事)。「British Exit(イギリス離脱)」を縮めた「ブレグジット(Brexit)」と呼ばれる今回のイギリスEU離脱問題にはアーティストや著名人たちも大きな関心をよせ、SNSなどでは続々と反応が見られます。

投票を促すエマ・ワトソン 21日に投票を促すツイートをしていた英女優のエマ・ワトソン「木曜の投票を忘れないで! 言い訳はなしよ!」(画像はエマ・ワトソンのTwitterより)

 ハリー・ポッターシリーズの原作者であるJ・K・ローリングは、残留支持であることを明言していた1人。離脱支持の票が過半数を占めたことがわかると、「さようなら、イギリス」と絶望のツイート。離脱支持の先鋒に立っていたイギリス独立党党首で欧州議会議員のナイジェル・ファラージの「(離脱支持の勝利は)普通の、誠実な人たちの勝利だ」というツイートに対し、「残留支持の一員であることが誇らしい」と反発したあと「今日ほど魔法が使いたかったことはない」とショックを隠せないようでした。

 スコットランドのロックバンド、フランツ・フェルディナンドのボーカリストであるアレックス・カプラノスは「ベビーブーム世代は自分のことしか考えてない。自分たちの前の世代から豊かさを与えてもらって、あとのすべての世代からは盗んでいくんだ」とツイート。今回、離脱支持と残留支持には世代間で大きな隔たりがあり、年齢が上がるほど離脱支持が多かったことが欧州では話題になっています。

 また、イギリスのファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドもTwitter上で「私たちは世の中をよりよくしたい。そのためには手を取り合うべきで、イギリスは1人ぼっちになってはいけないのです。平和と愛を」と、EU離脱を「悲劇」だとコメントしました。

 そのほか、インターネットをきっかけに人気を得たイギリスの歌手リリー・アレンやハリーポッターの双子役で知られるジェームズ・フェルプスも動揺を表したツイートをしています。

 アーティストや俳優、セレブの多くが残留支持と言われ、開票後の反応もほとんどがネガティブなものであった中、希少な離脱支持であったイギリスの歌手シェールは喜びをツイート。「すべてのイギリス国民にとってベストな選択」としています。

 イギリス国内だけでなく、隣国フランスの女優、ソフィー・マルソーもTwitterとInstagramでイギリス国旗の画像を投稿。まず、モノクロのイギリス国旗画像に「ひどすぎる。イギリスがいなくなると寂しくなるわ。欧州人はひとつにまとまるべき」とコメントを添えたのち、カラーのイギリス国旗画像を「こっちの本物の旗(カラーの画像)のほうがいいわね」と立て続けに投稿しました。

ソフィー・マルソーはInstagramで英国旗の画像を投稿 ソフィー・マルソーはInstagramでイギリス国旗の画像を投稿(画像はソフィー・マルソーのInstagramより)

 欧州人はEU加盟国の国籍を持っていれば、EU圏内にはビザを持たずに滞在し続けることが可能。今回の離脱支持の勝利により、現在イギリスに住むビザを持たない欧州人の混乱を予想し、ロンドン市長のサディク・カーンはTwitter上で、「ロンドンに住む、私たちの街に多大な貢献をもたらしてくれる約100万人の欧州人へこのメッセージを送りたい。あなたたちは歓迎されています。私たちは、あなたたちの並はずれた貢献を評価しています。あなたたちが私たちの街を作るのであり、それはこの先も変わりません」とメッセージを発しました。

 今回の投票率は72.2%という、昨年5月に行われたイギリス総選挙の66.1%を上回る高いものでした。このうち 51.9%が離脱支持、48.1%が残留支持と大変な僅差だったこともあり、国民投票をやり直すための署名運動が呼びかけられるなど、すでにさまざまな動きが見られます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう