ニュース
» 2016年06月27日 11時23分 UPDATE

「甘々と稲妻」が農林水産省とタイアップで「共食」を応援

誰かと一緒に食べたらもっとおいしい。

[ねとらぼ]

 7月4日からアニメ放送も開始される「good!アフタヌーン」(講談社)連載中の「甘々と稲妻」が、農林水産省とともに食育の推進を通じて「共食」を応援していくことになった。

農林水産省とコラボ

 本作は、妻を亡くし娘の成長をいとおしく見つめる父親であり、高校教師でもある犬塚公平と、一人娘のつむぎ、親の多忙により一人で食事をする「孤食」(こしょく)になりがちな女子高生・飯田小鳥の3人が、一緒に料理をつくり食卓を囲むきっかけを通して、「共食」の楽しさや喜びを味わう姿が描かれている。

 “一緒に食べたら、もっとおいしい☆”をキャッチコピーにしたタイアップポスターやチラシが、全国の公共施設や食育イベントなどで掲出・設置される。

 農林水産省では、核家族化やライフスタイルの多様化などによって、一人で食事をしている人(孤食:こしょく)が増えており、ただ食べるだけではない、誰かと一緒に食べること(共食:きょうしょく)について考えてほしいと告知している。

(C)雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

関連キーワード

農林水産省 | タイアップ | アニメ | 講談社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう