ニュース
» 2016年06月27日 14時00分 UPDATE

生産者の顔が見える卵 想像の斜め上をいく生産者に驚きの声

あなたがお産みになったんですか……。

[Kikka,ねとらぼ]

 神奈川県相模原市の農林産物直売所で販売されていた卵に、一風変わった「生産者の顔」が添えられていると話題です。



 「生産者の顔が見える食材です」とTwitterに投稿したのは、べー太@日西g29b(@betaEncoder)さん。話題となっているのは産直所ならではの新鮮卵を紹介する画像なのですが、それぞれの卵を産んだ鶏が写真・名前付きで紹介されています。生産者ってそっちかよ!

 さらによく見てみると茶羽の「もみじ」が産む卵は生食が、白羽の「さくら」が産む卵はお菓子作りに最適らしく、センターの「ゆり」に至っては「ジュリア」という別名まであるようです。


卵の生産者 卵ですら親の見た目で売れ行きが変わるのか……!

卵の生産者 「鳥居原ふれあいの館」(相模原市観光協会ホームページより引用)

 べー太さんに詳しくお話を伺うと卵が販売されていたのは「鳥居原ふれあいの館」。「こうした販売方法を見たことがなかったので写真に撮ってみた」とのことでした。また今回は自宅に卵があったことから購入には至らなかったとのことですが、1パック540円の卵、どんな味なのか気になります。


(Kikka)


関連キーワード

たまご | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー