ニュース
» 2016年06月27日 19時47分 UPDATE

文京区と「刀剣乱舞」公式が歌仙兼定のコラボ企画 等身大パネルに記念イラスト、スタンプラリーも

歌仙兼定を代々伝える細川家の関連施設で。

[ねとらぼ]

 東京都文京区とゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が、刀剣男士・歌仙兼定に関連したコラボ企画を実施します。第1弾として7月9日〜9月19日に新江戸川公園で、歌仙兼定の等身大パネルと、キャラデザインを手がけたホームラン・拳さんによる記念イラストを展示する予定です。

歌仙兼定登場 文京区と「刀剣乱舞-ONLINE-」公式がまさかのコラボ!(文京区の特設ページより

 細川家の文化財を保管する施設「永青文庫」(文京区)が、7月9日〜10月2日に企画展「歌仙兼定登場」を開催するのに合わせたコラボ。ゲームで擬人化されている歌仙兼定は、室町時代後期に刀工・二代兼定(之定)が打った刀で、細川家で代々伝えられてきました。企画展「歌仙兼定登場」ではその実物を、ほかの国宝の刀とともに展示紹介します

歌仙兼定登場 コラボのきっかけとなった企画展「歌仙兼定登場」(永青文庫公式サイトより

 コラボ企画が行われる新江戸川公園は、旧細川家下屋敷の庭園の跡地をそのまま利用した公園で、永青文庫のすぐ隣。パネルやイラストは、園内にある細川家の旧学問所「松聲閣(しょうせいかく)」で展示されます。細川家と縁の深い歌仙兼定を、細川家の縁の地で鑑賞できるレアな機会となりそうです。

 営業時間は9時〜17時、期間中は無休、入場料は無料。コラボでは第2弾以降も、周遊スタンプラリーなどさまざまな企画を実施する予定。詳細は文京区のサイトで順次発表されます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう