ニュース
» 2016年06月28日 18時34分 UPDATE

灼熱か極寒か 職場のエアコンが壊れて究極の選択を迫ってくると話題に

極寒と灼熱の間。

[Kikka,ねとらぼ]

 職場で使っているエアコンが壊れて、極寒か灼熱のどちらかにしか設定できなくなってしまった――というツイートが話題になっています。添付された写真には、かたや「−35度」、かたや「92度」と表示されたリモコンの様子が……極端すぎるだろ!



 Twitterでエアコンの不具合を報告したのは易也 宴規(@totuyasiki)さん。職場で使っている業務用エアコンが「−35度」の極寒モードか、「92度」の灼熱モードしか選べなくなったといいます。


エアコン 「−35度」冬のエベレスト級の温度

エアコン 「92度」は、未知の領域……

 編集部が調べたところ、不具合を起こしたのは東芝キヤリア製の「RBC−ATM21(SX−A1J)」の可能性が高かったため、東芝キヤリアに問い合わせてみました。

 業務用エアコンの担当者によると「製品を確認していないので推測になるが、マイナスの表示がされていることから『リモコンの故障』が原因のひとつとして考えられる」との回答を得ることができました。

 28日に突然発生したという不具合ですが、エアコン本体からは現在「涼しい風が出ている」とのことです。早く直るといいですね!


画像提供:易也 宴規(@totuyasiki)さん

(Kikka)


関連キーワード

エアコン | 白物家電 | 不具合 | Twitter | リモコン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー