ニュース
» 2016年06月29日 12時24分 UPDATE

セブン-イレブン、沖縄進出は2〜3年を目標に ついに国内最後の空白地を埋めるときがきたか

進出が決定すれば47都道府県全てに出店することに。

[ねとらぼ]
セブンイレブン沖縄へ

 セブン-イレブン・ジャパンが国内で唯一出店していなかった沖縄県への進出に向け動き出した。2〜3年内を目標に県内の企業とのフランチャイズ契約などの交渉を進めている。

 セブン-イレブンは2015年6月に青森県に初出店、10月には鳥取県に進出し、「セブン-イレブン空白地帯」は沖縄県だけとなっていた。

 ファミリーマートは2月、サークルKサンクスを展開するユニーグループ・ホールディングスと経営統合し、コンビニブランドを「ファミリーマート」に一本化すると発表。ローソンとスリーエフも4月には、資本業務提携契約および事業統合契約を締結したことを発表している。こうした動きの中、コンビニ業界トップとして“空白地”を埋めることで他の追随を振り切る狙いだ。なお、サイト内検索では本日時点で県内の沖縄ファミリーマートが284件、ローソン沖縄が195件となっている。

 セブン-イレブンの広報担当者に確認すると、「地元企業の数社と交渉しているのは事実だが、交渉段階なので企業名は明かせない」とのこと。「今後、2〜3年以内の出店に向けて検討中」とねとらぼの取材にコメントした。

セブンイレブン沖縄へ 国内総店舗数は1万8768

セブンイレブン沖縄へ 店舗検索でも沖縄県はなかった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー