ニュース
» 2016年06月29日 23時00分 UPDATE

飯テロの挟撃だ! グルメ漫画「めしにしましょう」の作者がブログで作中レシピを実践し空腹になる人が続出

夜中に読んだら致命傷。

[コンタケ,ねとらぼ]

 講談社が発行する青年漫画誌「イブニング」で連載中のグルメ漫画、「めしにしましょう」の飯テロっぷりが無慈悲と話題です。作中のレシピや飯作画の素晴らしさもさることながら、第1話のテーマであるローストビーフを、作者である小林銅蟲(こばやしどうむ/@doom_k)さんが自身のブログでも実践しているのです(ブログでは豚肉)。漫画とブログを続けて読めば、一瞬にして胃袋は空っぽに。


めしにしましょう こちらが漫画版。うまそうである(画像は「めしにしましょう」1話より)


ブログ1 こちらは作者のブログ版。風呂に熱いお湯を張って肉を温めます


ブログ2 マジックハンドで取り出し


ブログ3 うおおぉぉ肉だっ!


ブログ4 うまそー!

 ブログでは、作中に出てくる「風呂に張った厚いお湯で肉を温める」という手法を実戦。絵と写真の波状攻撃により、空腹が止まりません。肉だ……厚い肉にかぶりつきたい……! なお、この原稿を夜中に書いている筆者は、既に瀕死(ひんし)です。また、最新のブログ記事では、牛タンを使って似たような料理を作っています。


ブログ5 ジュルリ……

 作者の小林銅蟲さんは、どのような思いで「めしにしましょう」を描いているのでしょうか。お話を伺ってみました。

 まず、同作を描くことになったきっかけについて。小林銅蟲さんは、連載を抱えている現在も「イブニング」で「」を連載中の松浦だるまさんのチーフアシスタントをこなしており、そこで料理もしているそう。作った料理をブログで紹介していたところ、「累」の担当者から「なんか料理ものやらないか」と声を掛けられたのがきっかけだったそうです。

 また、肉をピックアップする理由については、「肉はうまいし、『おいしいものをすきなだけ食べる』という僕のモットーの象徴的な存在だから」とのことでした。確かに肉はうまい! 人生が楽しくなりそうな、素晴らしいモットーだと思います。

 これからも、多くの読者の胃袋を空っぽにし続けて欲しいところです。なお、小林銅蟲さんは以前、すし屋が延々と数学の話をし続けるというシュールな漫画「寿司 虚空編」(関連記事)でも話題になりました。


イブニング 「めしにしましょう」が掲載されているイブニング最新号表紙。6月28日に発売されました

関連キーワード

漫画 | 料理 | グルメ | 講談社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー