ニュース
» 2016年06月30日 17時51分 UPDATE

色はそんなに簡単じゃない―― ”色のプロ”の声を受け開発された超高難易度の色当てアプリが激ムズでつらい

100点とか無理じゃない?

[イッコウ,ねとらぼ]

 r.c.oは”色のプロ”に向けた無料の色当てスマートフォンアプリ「r.color」の提供を開始。「プロ向け」のうたい文句通り、かなりの高難易度ゲームとなっています。


アールカラー プロ向けゲーム

 「r.color」では、文字と同じ色を当てる「MATCHING」からスタートし、50点以上を取ると他のゲームが遊べるようになる仕組み。「MATCHING」の他にも、正しい色相環を作る「WHEEL」、正しいグラデーションを作る「GRADATION」、写真に対する明度・彩度の加工を見極める「VARIANCE」など7種類(Android版は「VARIANCE」を除く6種類)のゲームが楽しめます。


アールカラーアールカラー 「MATCHING」の画面。難しすぎる

 「色のプロであれば全てのゲームで80点以上出せるかもしれない、しかしそうでない方は50点・60点どまりでしょう」「本当に色を見る力がずばぬけている方なら、100点を超えることも可能」とのことですが、実際に「MATCHING」をプレイしてみたところ、一問目から驚きの難易度で、30点台後半がやっとでした。”80点超え”というのは確かにプロ並みかもしれません。


アールカラー 1問目からこの難易度。つらい

アールカラー 100点とか無理だろ……

 簡単な内容にもかかわらず「あなたは○○級です!」のように”褒めてシェアさせること”を目的としたゲームが増え、”色のプロ”たちから「色はそんなに簡単なものじゃない」「色に詳しくなればもっと色を楽しめるのに」との声に応えるべく開発されたこのゲーム。とにかく難しいことと色の基礎知識を身に付けられることが特徴となっています。

 「プロに向けた本物の色あてゲーム」を作ることを目的に開発された「r.color」、文字通りプロを目指す人向けの内容となっているようです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー