ニュース
» 2016年07月01日 22時00分 UPDATE

ペダルをこいだら“歩く" 後輪が「足」のキメラな自転車

テオ・ヤンセン氏の「ストランドビースト」にインスパイアされたもの。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 テオ・ヤンセン氏が制作した、風を受けて生き物のように自走するアート「ストランドビースト」(関連記事)にインスパイアされ、その仕組みを自転車の後輪に付けてしまった「Walking Bike」を、職人やアーティストの集団CARVが製作しました。


歩く自転車 後輪の部分から足が生えています

 テオ・ヤンセン氏の考案した「ストランドビースト」の機構は、支柱に固定された骨組み(足)の先端が円を描くように運動することで、骨組み全体が動くというもの。円運動の位置を少しずつずらし、骨組みを増やすことで歩行できるようになっています(2次元シミュレータ「phun」を利用した解説動画)。


歩く自転車 自転車をこぐと足が動くようになっています

 本家「ストランドビースト」が風を受けて歩行していたのに対し、「Walking Bike」では自転車のチェーンにその円運動の役目を任せています。ペダルをこぐことでゴトゴトと動き出しますが、あまり速く動くことはできないようです。

 CARVは7月7日にサンフランシスコの博物館ExploratoriumでWalking Bikeを展示する予定。いつか日本にも展示しに来てくれないものでしょうか。



(今藤祐馬)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう