ニュース
» 2016年07月01日 14時54分 UPDATE

チェス・囲碁・将棋に続きドッグファイトでも……無人戦闘機用AIが模擬戦闘でベテランパイロットに圧勝

「マクロス」や「ガンダムW」を連想してしまう……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 シンナシティ大学が開発した無人戦闘機用AI「ALPHA」が、シミュレーターによる空戦で、元アメリカ空軍のエキスパートに圧勝しました。人類側はまるで歯が立たなかったそうで、SF作品にしばしば登場する、冷徹な無人機の実現を予感させます。


公式サイト シンナシティ大学からの発表

 挑戦したのは、元アメリカ空軍大佐のGene Leeさん。教官として多くの空軍パイロットを育ててきた、空戦のエキスパートです。また、1980年代からAIとの模擬戦に臨んできた、無人機との戦闘におけるベテランでもあります。


Lee 挑戦者のGene Leeさん(画像はシンナシティ大学のサイトより)

 対するALPHAは「genetic-fuzzy systems」と呼ばれる、ファジー理論を応用した戦闘システムを搭載。センサーから得た情報を瞬時に整理し、攻防の判断など、取るべき行動をミリ秒未満で思考します。

 両者が対戦した結果は、AIの圧勝。数度の対戦でGene Leeさんは一度も勝てず、「今まで対戦したなかで、最も攻撃的かつダイナミックで、反応に優れ、信用できるAIだった」と語っています。さらに、設定でAI側の機体性能を低下させたハンディキャップマッチでも、やはり人間は勝てなかったとのこと。

 恐ろしいことに、ALPHAは民生レベルの低コストで運用できるそうです。AIの教育自体は、500ドル(約5万1000円)程度のPCで行われたとのこと。要求される処理能力も、約35ドル(約3600円)のワンボードマイコン「Raspberry Pi」程度です。

 開発者は、「ALPHAを搭載した無人機は、有人機の優秀なパートナーとなるだろう」といった主旨をコメント。人間とAIでチームを組み、少ない人員で戦場をカバー……アニメ「マクロスフロンティア」に似た描写がありましたが、決して絵空事でもないようです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう