ニュース
» 2016年07月01日 23時00分 UPDATE

世界中の冒険者が注目 老舗オンラインRPG「ラグナロクオンライン」を台湾のファンがVR化開始

アイテムやメニューに2Dの風味を残しつつ、世界を3Dに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2002年にサービスを開始した老舗オンラインRPG「RO(ラグナロクオンライン)」の、VR化に挑む猛者が現れました。試作品のデモがYouTubeで公開されたほか、フォーラムで開発の提案や協力者が募られています。



公式 ROの公式サイト。元々は2D主体のゲームですが……

 開発を手掛けるのは、台湾在住のDavid Taiさん。原作の背景データを転用して世界を3D化したそうです。それでもメニューやアイテム、NPCなどは2Dのまま。原作のテイストを残しつつROの世界を再現しています。


水辺村落 原作のデータをベースにフィールドを構成。足踏みで前進します

NPC NPCなども原作のデータを転用。触れて会話すると……

拡大メニュー NPCが拡大表示。指さすことでメニューを選択し、買い物できます

モンスター攻撃 モンスターも2D表現のまま。拡大処理で襲いかかってきます

アイテム ドロップアイテムも、そのまま手に取れる

 プラットフォームにはHTC Viveを使用。両手のコントローラーで剣を振ったり、足踏みでフィールドを移動したりと、ネットゲームの世界で生きる感覚を味わえそう。ここが俺たちのリアルだ!


メニューオープン 指を上から下へ振るとメニューがオープン

アイテム選択装備 アイテムリストから選択すると、右手に剣が現れる。リアルに鞘から抜くのでなく、ゲーム的な省略表現が残っているのが面白い

地図 マップを開くと、地図を手に観光しているような雰囲気に

(沓澤真二)


関連キーワード

ゲーム | オンラインゲーム | HTC Vive


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう